札幌駅の駅弁

札幌発の寝台特急に乗る時は駅弁を買い込むのも楽しみの一つ。
食堂車のディナーも魅力的ですが駅弁もいいですね。
寝台特急の中で駅弁を食べ、BGMは列車の走る音とDD51の警笛。
パブタイムにダイニングカーやグランシャリオに行ってビールを飲みながらゆったりとした時間を楽しむ。
贅沢な時間だなって一番感じるひとときです。

札幌駅にはおいしい駅弁がたくさんありますがその一部をご紹介いたします。
札幌乗車の寝台に乗った時にはまた駅弁を買い込んで撮影と味の取材をしてみたいと考えています。

▼札幌駅 すし処 えぞ賞味 920円
駅弁札幌えぞ賞味1

駅弁札幌えぞ賞味2
私の個人的な好みですが1番はこの「すし処 えぞ賞味」
おいしい、そしてこの値段。
季節により内容は変わるようですがかに、しゃけ、いくらなど北海道の味覚が満載です。
「石狩鮭めし」がえぞ賞味を超えるおいしさだという噂もあります。

▼札幌駅 ホームラン弁当 1,000円
駅弁札幌ホームラン1

駅弁札幌ホームラン2
北海道日本ハムファイターズの駅弁で球状をかたどった容器にダイヤモンドは鮭めし、レフトは我らがファイターズ!自家製ハムカツ・ウインナ-バット・うずらボール!センターは北海道札幌と言えば、ジンギスカン!ライトは対戦相手の名物を!
・明太子(福岡)・たこ焼き(大阪)・鶏の落花生揚げ(千葉)・獅子唐(埼玉)・牛肉牛蒡巻き(神戸)
ホームランで大輪の花火を打ち上げたい!花火かまぼこなど。
ファイターズが試合に勝った日はおまけがつきます。この日は勝ったのでおまけにベビースターラーメンをもらいまいた。(今もそうなのでしょうか。)
販売期間はプロ野球の開催期間です。

▼札幌駅 北の黒牛弁当 1,000円
駅弁札幌北の黒牛弁当1

駅弁札幌北の黒牛弁当2
宗谷産の黒牛に北海道米の「ほしのゆめ」、札幌産のたまねぎ、日高産の昆布入り玉子焼きとこだわっています。
残念ながら現在は販売していないようです。

▼カシオペアスペシャル弁当 3,500円
カシオペアスペシャル弁当1

カシオペアスペシャル弁当2
駅弁ではありませんがカシオペアのケータリングサービス「カシオペアスペシャル弁当」も掲載しておきます。
3,500円と値はちょっとはりますが内容的にはまあ満足できるものです。
2人で乗れば1つは頼んでみてもいいでしょう。(出発前3日前までの事前予約制)
お吸い物付です。
※ワインはついていません。
赤・白ワイン各ハーフ1本2,000円で車内限定販売です。
おみやげ用の2本セットの箱入りもあります。

▼登別駅 洋寿し 650円
駅弁登別洋寿し1

駅弁登別洋寿し2
これぞ番外ですが噂の「洋寿し」。ソースをつけて食べるお寿司で妙ですが味はなかなかです。わさびじゃなくからしです。
注文してから作ってくれるのでお子様にはからし抜き!と注文するといいかもしれません。
登別で乗下車される方はぜひ一度ご賞味ください。
駅前にある登別駅前食堂で販売しています。

▼最後にもう1つ番外を
北斗星パブタイム
北斗星グランシャリオのパブタイムです。
ディナータイムにはないのんびりとムードと静けさ。
こんな贅沢な時間を過ごしていていいのか、仕事しないでいいのか。
なんて思ってしまいます。

▼カシオペアダイニングカー・パブタイム
カシオペアダイニングカーパブタイム
カシオペアのダイニングカーのパブタイムも満席だったディナータイムとは違って静かなひとときを味わっていただけると思います。