<< ネコ365日/12 | main | 駅弁・千葉駅トンかつ弁当 >>

カシオペアの正しい乗り方!

北斗星の正しい乗り方があるのならカシオペアの正しい乗り方!を私なりに面白おかしく考えてみました。
これが正しいわけではなく参考程度にしてください。

▼1.カシオペアをホームでお出迎えしましょう。
カシオペア
まずは北斗星と同じように”カシオペアが入線してくるのをホームでお出迎えしましょう!”
カシオペアは15:35頃入線してくるので出発まで時間はたっぷりあります。
お出迎えする位置が問題です。
先頭の機関車側か展望スイート側でお出迎えするか。
人それぞれと思いますが一般的に展望スイート側でお出迎えしましょう。

▼2.記念写真を撮りましょう。
カシオペア
憧れの展望スイートにいつか乗れることを夢見て展望スイートのそばで記念写真を撮りましょう。
ここで注意はカシオペアのテールランプがついてから撮るようにしましょう。
ついている、ついていないではカシオペアが起きてる、寝てるくらいの違いです。

▼3.担当を決めておきましょう。
カシオペア
カシオペアツインの場合はシャワーの時間の予約をしておかないとシャワーが利用できなくなります。
1人はダイニングカーでシャワーの予約。1人は先頭車両まで行きEF81を撮る。
ここでも注意はEF81のヘッドライトがついてから撮るようにしましょう。
ここで記念写真もいいでしょう。
この時、マニアはEF81の型番をチェックします。
この画像ではEF81 791でこの型番で所属する機関区や製造の詳細がわかるようです。

▼4.車内探検をしましょう。
カシオペア
写真を撮ったら11号車のドアから乗車して12号車のラウンジカーをちょっと見た後、売店のグッズを確認しておきましょう。
車内を通りながら部屋に向かいます。

▼5.ラウンジカーに行きましょう。
カシオペア
季節にもよりますが写真くらいの時間にラウンジカーに行くと一番きれいに見える時間です。

▼6.停車駅ではホームに降りて写真を撮りましょう。
カシオペア

カシオペア

カシオペア

カシオペア
これはすごくマニアックになり落ち着かないでしょうから全駅下車を制覇したい方だけが行いましょう。

▼7.パブタイムにダイニングカーへ行きましょう。
カシオペア
ダイニングカーもディナーが終わるとパブタイムです。
予約もなしでもっとも落ち着ける時間帯です。
ゆったりとくつろいでビールなどいかがですか。

▼8.青森駅でお別れの挨拶をしましょう。
カシオペア

カシオペア
浅虫を通過くらいからラウンジカーに行き、青森駅での機関車交替までを見学してEF81に「ありがとう」と言いましょう。
そして函館まで運んでくれるED76に挨拶をしましょう。

▼9.青函トンネル通過はラウンジカーで2つの海底駅を確認しましょう。
トンネルを出ると北海道です。
「ついに来たよ!北海道」と心の中で叫びましょう。

▼10.函館駅の機関車交替をホームに降りて見学しましょう。
カシオペア
ED76とのお別れ、札幌まで運んでくれるDD51重連へ挨拶をしましょう。

▼11.朝食は6:30に行きましょう。
カシオペア
ダイニングカーの朝食は6:30の放送と同時に席につけるよう3号車に行っておきましょう。
1回満席になると30分くらいは動きがないため通路で待つようになります。
一番いい景色を見ながら朝食を食べるためには6:30前にダイニングカーにいきましょう。
噴火湾を見ながらの朝食は最高です。

▼12.昭和新山と樽前山を探しましょう。
 洞爺の駅を過ぎると進行方向左側に噴煙を上げる昭和新山、苫小牧の手前では台形をした樽前山が見えてきますので探しましょう。

▼13.青函トンネル通過記念オレンジカードを買いましょう。
2枚セットで2,000円です。

▼14.札幌駅に着いたら先頭まで行き、DD51の前で記念写真を撮りましょう。
そしてありがとう、また来るよと挨拶をしましょう。

▼15.改札口を出る時は寝台券を記念にしたいと言いましょう。
記念にくれます。

ちょっとかいつまんでしまいましたが当社の寝台特急手配旅行でご参加の方にはカシオペア、北斗星、トワイライトの出発から到着までの見どころ、楽しみ方のご案内を日程表と同封してお送りしています。
1〜15までをクリアするには寝ることができません。
ポラリスツアーの格言は寝台特急に乗って寝てしまうのは映画館に行って映画を見ずに寝てしますようなものである。
ということで寝台で寝るための列車ですが寝ないで楽しむのも寝台特急であるということです。
人それぞれ楽しみ方は違うと思います。
皆様それぞれの方法で寝台特急を楽しんでいただきたいと思います。

カシオペア