<< 駅弁・森のいかめし | main | ネコ365日/10 >>

北斗星かカシオペアか

北斗星かカシオペアか迷われてしまう方もいらっしゃるようですがいくつかポイントあげてみます。
○一人旅
 一人旅なら北斗星でしょう。
 カシオペアで1人は個室料金1室分となり割高なこともありますがカシオペアは全個室。グループであっても集まる場所は12号車のラウンジカーくらいしかありません。
 北斗星は個室があったり開放B寝台があったりで通路もわりと賑やか。
 通路の折りたたみ椅子に座っている方がいたりB寝台開放でグループが賑やかに飲み会を開いていたりゲームをやっていたりと寝台特急の旅らしさ満載です。
 北斗星でも個室がいいという方にはB個室ソロ、A個室ロイヤルで一人でゆったりされるのもいいでしょう。
○出発時間と到着時間
 カシオペア上野発16:20、北斗星は19:03と会社が終わってからでも乗ることができる北斗星は利用しやすい。
 札幌到着はカシオペアが9:32、北斗星が11:15
 到着した日に旭山動物園に行くならばカシオペアでしょう。
 到着日は札幌でゆっくりする予定であれば北斗星。
 午前中のんびりと寝台特急で過ごせるのも魅力的です。
 復路はカシオペア札幌発16;12、北斗星17:12。上野到着はカシオペアが9:25、北斗星が9:38とあまり変わらないです。
○カシオペアツインと北斗星A個室ツインデラックス・ロイヤル
 カシオペアツインにはトイレ、洗面がついていますが北斗星ツインデラックスにはその両方ともついていません。
 北斗星ロイヤルになるとカシオペアツインより格が上という感じです。
 トイレ、洗面の他にシャワーブースもありルームサービスのドリンクセットがお部屋に届きます。
 ただし北斗星ロイヤルは4室しかないので簡単に取れるとは言い切れません。
 カシオペアツインのほうが部屋数も多いので少しは取りやすくなります。
 カシオペアの室内設備でナビがあり今どこを走っているか見ることができるのはいいですね。
○乗ってみたい寝台特急
 北斗星のほうが寝台特急としての魅力はありますが乗って見たい寝台特急となると一度はカシオペアに乗ってみたいという方が多いようです。

結論はどっちか先に乗って次に乗らなかったほうの寝台特急に乗ることにします。
という方がほとんどです。
前にも書きましたが寝台特急の四季折々を楽しんでいただきたいと思います。
トワイライトエクスプレスで四季折々の料理を楽しむために乗られるというお客様もいらっしゃいます。
その方は11月に秋のメニューをお召し上がりいただくので冬のメニューを楽しむために12月にまた乗られることと思います。

▼北斗星
北斗星

▼カシオペア
カシオペア