<< キイロサンゴハゼ産卵2日目 | main | 小海線 >>

小淵沢の駅弁

駅弁シリーズ第2弾です!
今日は中央線・小淵沢駅の駅弁をご紹介します。
小淵沢は小海線の発着駅でもあり、ここで駅弁を買って小海線に乗る。
清里などハイキングをしながら駅弁を食べるのもいいでしょう。
ホームで駅弁が売れ切れの場合でも駅外の売店や駅近くにある工場から取り寄せてくれる親切なお店です。

▼小淵沢駅ホームの駅弁売り場
小淵沢駅弁7
丸政の人気の駅弁が勢ぞろいです。
建物の横には「小淵沢の名物は駅弁です」という看板まであります。

▼小淵沢駅弁・やまのごはん(800円)丸政
小淵沢駅弁1
小淵沢駅弁2
竹かごに入っているおしゃれなおにぎりの駅弁。
ハイキングや登山にも最適でうめ・みそ・栗おこわの3種類のおにぎりとマスの塩焼き、つくね、きゃらぶき、大学芋、たくあんが入っています。

▼小淵沢駅弁・元気甲斐(1,300円)丸政
小淵沢駅弁3
小淵沢駅弁4
一の重と二の重の二段になっている駅弁です。
栗としめじのおこわが最高においしいです!
「元気甲斐」は小淵沢駅弁のナンバーワンだと思います。
駅弁大会などのイベントでも人気の駅弁でしょう。

▼おまけ
小淵沢駅弁8
今はやってないかもしれませんがびゅうのディスティネーションキャンペーンで元気甲斐を買うときにパンフレットを提示すると陶器の機関車のおまけがついてきました。
しょうゆさしでしょうか?

▼小淵沢駅弁・高原野菜とカツの弁当(850円)丸政
小淵沢駅弁5
小淵沢駅弁6
新鮮な八ヶ岳の高原野菜の生野菜が入っている駅弁です。
飽きのくるカツ弁当が多い中、食べやすくおいしいと思ったら鶏肉のチキンカツでした。
高原野菜もフレッシュでレタス、トマトもおいしくおすすめの駅弁です。

▼今回も番外を。 塩尻駅・和風牛肉弁当(950円)カワカミ
駅弁塩尻1
駅弁塩尻2
上りのあずさに乗ると塩尻駅の駅弁・和風牛肉弁当を車内販売で買うことができます。
ほどよい味付けの牛肉は駅弁正統派らしく冷たくなってもおいしい!
味付きのたまご、つぼ漬けでしょうか、これもおいしく日の丸弁当のご飯と一緒に食べてしまいました。
季節によってフルーツは変わっていた記憶があります。
冬はりんご、以外はオレンジだったと思います。
ワインゼリーもなかなかおいしくて、あずさに乗ったらオススメの駅弁です。


コメント
コメントする