<< アイリスのロケ地・秋田 | main | 約三十の嘘(トワイライトエクスプレス) >>

今日の北斗星&臨時寝台「越後」

今日の上野駅は土曜日のせいか普段とはまったく違う光景でした。
いつもなら18:33の通勤電車が出るまであわただしいホームですが土曜日は午後から13番線ホームを使う列車は北斗星が最初。
のんびりとしたホームに北斗星に乗車すると思われる旅行者がチラホラ。
さらになんかいつもより撮影待機をしている鉄道ファンが多いと思っていたところその理由がわかりました。
北斗星が入線してしばらくすると隣のホームになんと、臨時の寝台「越後」が入線してきました。
北斗星を撮影していた人も最初から14番線ホームにいた人もすべて越後が目的だったようです。
そういえば「鉄道ダイヤ情報」に臨時運行表が出ていることを思い出しました。
今日の北斗星は主役の座を越後に奪われてしまったようでしたがEF510は人気の的で車体をバックに記念撮影されている方々は多かったです。
▼13番線ホーム・乗車場所表示

▼EF510−504



▼グランシャリオ(食堂車)
 食堂車は入線から出発までカーテンが閉まったまま。
 JRに苦言!出発するときはスタッフがホームに向かって一礼。
 いくら出発準備で忙しくてもホームにいる人もいつか北斗星に乗りたいなと見ている人です。
 一礼されるとほかの列車との格の違い、憧れを抱き、ホームから見ていても気持ちのいいものです。
 九州寝台特急の伝統を受け継いて復活してもらいたいですね。
 前はちゃんとやっていたのに、こういうことってとても大事だと思います。

▼臨時・寝台「越後」

▼回送でホームを出て去っていくまでファンでホームはいっぱいでした。





▼上野駅・駅弁屋
寝台特急に駅弁はとっても似合います。
 食堂車もいいですが駅弁も!と欲張っていいと思います。
 ついでにパブタイムもです。

▼新商品の大人の休日懐石弁当2,000円、幸福べんとう1,300円、北海味メッセ1,500円がおすすめのようです。