<< みずほ、お前までが・・・。 | main | 懐かしいゆうづる(ナハネフ22) >>

北海道廃止路線探訪

北海道がまだ国鉄だった頃、道内には鉄道路線が網の目のように走っていました。
学生時代には全路線制覇も考えたこともありましたが計画倒れでした。
今日はふとそんな思いを復活させてくれるような写真をもらいましたのでご紹介します。
網走の上に湧網線という路線があり、さらに上には興浜南線、興浜北線という路線もありました。
能取岬に行く途中に卯原内という駅があり現在もその名残があることを知りました。
駅跡には蒸気機関車も置いてあり当時を偲ぶことができます。
ディスカバージャパン世代には懐かしいことでしょう。
廃止路線マニアではなくてもレンタカーなら観光ついでに見ることのできるおすすめの場所です。
私は興浜北・南線の北見枝幸、雄武に行きたかったのでこの写真をもらって感動しました。
雄武駅跡にはりっぱな建物になっていていますが稚内から網走までレンタカーで走ると駅跡にそって町が形成されていて、当時を偲ぶことができる場所がまだあるようです。
こんなページもありました。
 昭和39年当時の国鉄路線図 

皆さんも北海道観光ついでにちょっと寄り道はいかがですか?
卯原内くらいの位置であれば同行者、ご家族の反対もなく行けると思います。

▼卯原内駅跡

▼卯原内駅の蒸気機関車

▼雄武駅(おうむ)