秘境の駅

JUGEMテーマ:旅行
秘境の駅が人気を呼んでいるという記事が新聞に出ていました。
北海道、岩手の山田線、飯田線など全国の秘境の駅に人があふれているとのこと。
以前、木造の駅舎を掲載しましたが駅だけでなく鈍行列車に乗って路線の風景も楽しまれているようで懐かしい風景、何もないのがいいような感じです。
秘境駅へ行こう!と検索するとベスト200まで出ていました。
ちなみにベスト10を一位から順に書いてみます。
小幌(室蘭本線)、小和田(飯田線)、尾盛(大井川鉄道)、田本(飯田線)、八ツ森(仙山線)、押角(岩泉線)、坪尻(土讃線)、大志田(山田線)、古瀬(根室本線)、浅岸(山田線)

観光ついでにというのは難しいかもしれませんが旅行中に1日秘境駅に費やすということであれば1つくらいは行けそうな気がします。
赤字路線はどんどん廃止になり廃止路線駅の本まで出ていますが守って残してもらいたい風景だと思います。
そういえば新青森駅開業に伴い青い森鉄道の目時〜八戸間が目時〜青森間まで延長されます。
現在、東北本線である八戸〜青森間が青い森鉄道(第3セクター)の管轄になるということで何か将来的な隠されたものを感じてしまいます。



木造駅舎&廃止路線駅(北海道)

JUGEMテーマ:北海道
北海道の木造駅舎と廃止路線駅を訪ねるなんてちょっとマニアックでしょうか。
NHKにっぽん木造り駅舎の旅にも北浜駅、藻琴駅は出ていますがいつまでも残していて欲しいと思います。
余談ですが千葉の館山駅の一つ手前に木造駅舎・那古船形(なこふなかた)駅があり、この駅はAKB48「会いたかった」PVのロケで使われました。
何かこだわって旅をするのも楽しいものです。
日帰りプチ旅、身近な地元周辺で木造駅舎を探してみるのも面白そうです。

▼オホーツク原生花園近くの北浜駅(釧網本線)
北浜駅
▼藻琴駅
 北浜駅より網走寄りにあります。
 夕闇迫る頃、ポッと駅舎の電球がついてなんとも言えないノスタルジックな気持ちになりました。
藻琴駅

藻琴駅
▼藻琴駅ホーム
藻琴駅
▼釧網本線
 右はオホーツク海です。
釧網線
▼恵比島駅(明日萌駅)留萌本線
 NHK連続テレビ小説『すずらん』ロケで「明日萌駅」として使用されました。
明日萌駅
▼沼牛駅 深名線(深川〜名寄)
 廃駅になっていますが現在でも残っています。
 もの悲しい感じもしますがどこか惹かれるものがあります。
沼牛駅
▼添牛内駅  深名線
 現在でも駅舎、ホームは残っています。
添牛内駅
▼旧神居古澤駅(旭川)
 D516も保存されています。
神居古澤駅

神居古澤駅
▼旧神居古澤駅ホームと線路跡
神居古澤駅
▼富内駅 富内線(鵡川〜日高町)
 映画「鉄道員ぽっぽや」で使用されました。
 ほべつ銀河ステーションとして駅舎、ホーム、線路、信号が保存されていて客車も留置されています。
富内駅

富内駅


駅弁・千葉駅トンかつ弁当

千葉駅:トンかつ弁当 万葉軒 480円税込
昔から変わらぬ味と包み紙です。
薄いとんかつですが飽きのこない味でソースがしみたご飯は
実にシンプルでなんともいえないおいしさがあります。

駅弁
包み紙の値段は460円になっていますが今は480円です。

駅弁

▼トンかつ弁当お受験バージョン
駅弁
2月限定でお受験バージョンもあります。
中身は同じですが受験生のための受験に勝つ(かつ)弁当 頑張れ受験生と書いてある包み紙です。来年受験のかたにおすすめです!


上野駅のグルメ

上野駅で寝台特急が出発するまでの時間。
どのようにして出発までを楽しまれてますか?
上野駅に着いた時点で旅の始まりでワクワクしてしまいます。
食事をしたりコンビニで食料、おみまみ、飲み物の調達。
ワインのお店でワインとチーズを買ったり。
駅弁を買ったりと普段節約していても不思議と旅行出発前は気持ちも大きくなって余計な買い物までしてしまいがち。
でもこれが楽しいことなので帰ってからまた一生懸命働きましょう。
現在の上野駅グルメは改札外の駅構内が充実していてエキナカではないのが残念です。

▼寝台特急勢ぞろいで懐かしい!
上野
こんな時期もあったんですね。
北陸、あけぼの、エルム、北斗星1号、81号、3号
その昔はさらに北斗星5号があったり夢空間があったりでした。
さらにその昔はゆうづる、はくつる、北星の時代になり寝台ではありませんが急行十和田、八甲田になっていきます。
上野駅を夜遅く出発で夏は混み合って通路にシートをひいて寝ていた懐かしい思い出があります。
バックパッカーの時代です。(死語になりましたがカニ族です。)

▼石川啄木
上野
「おい亀さん、こんなところで何をしてるんだい。」って十津川警部の声が聞こえてきそうなロケーションです。
上野は終着駅。東北の匂い、東北の言葉が聞ける。
亀さんは上野駅が大好きですから。
そんな時代から北海道まで寝台特急が行く時代になり何年かすると新幹線が札幌まで行くのでしょう。
そうなるとまた寝台特急に被害が出ることになるのか。
新幹線盛岡駅開通で北星が去り、青森、函館、札幌開通で北斗星も消えてしまうのではないかと心配です。

▼上野駅
上野

▼上野駅・駅弁
上野
正面改札口を入って13番線のほうへ向かう途中に駅弁売り場があります。
食堂車で食べる夕食も旅情があっていいですが、車内で食べる駅弁はさらに旅情がありますね。

▼上野駅・コンビニ
上野
アルコール類を含めここで積み込み必要なものは揃うでしょう。
余裕を持ってスーパーで安く買っておくほうがお得だと思いますが、旅行初日ならではのワクワク感のほうが勝ちですね。

▼上野駅・そば いろり庵
上野
ちょっと時間があれば日本そば屋もいいでしょう。

▼上野駅・パスタ・コーヒー BRAVO
上野
その左隣にはパスタ・コーヒーで一息つけます。
パスタは種類もあってなかなかおいしいです。
席数もかなりあるので並んでいてもけっこう早く席につくことができます。

▼ワインのお店 ワイン&ダイン
上野
カシオペアにモエのピンクとチーズ。とてもよく似合います。
これが最高の贅沢って感じがしちゃいます。
モエはあのF1のシャンパンファイトの時に使われているシャンパンです。
この店でもモエのピンクは置いてありました。

▼上野駅・らーめん粋家
上野
13番線ホームの手前にあるらーめん屋です。
ここなら出発時間を気にすることもなく食べることができるでしょう。



駅弁・高松駅牛めし

高松駅の駅弁ですが牛肉とそぼろのおいしいお弁当です。
そぼろが鶏だったか牛だったかは思い出せません。
駅弁の他に高松といえば讃岐うどん。
駅構内にもちろん立ち食いのお店がありとてもおいしく食べた思い出があります。
一昔前までは寝台特急瀬戸で宇野まで行き宇高連絡船に乗り高松に渡ったものでした。
今では瀬戸大橋が開通しサンライズ瀬戸が高松まで直行してかなりの時間短縮になったものです。
サンライズ瀬戸の瀬戸大橋通過はわりとあっけなく通過してしまうものだというのが実感です。
サンライズ瀬戸はビジネス特急に近い感じなので車内放送も必要としていないのでしょうけど「あそこに屋島が見えます」など案内してくれたらいいのにと思ってしまいます。
それを考えるとトワイライトエクスプレスの車内案内放送はサービス満点です。

▼高松駅弁・牛めし(株式会社高松駅弁 870円)
駅弁高松

駅弁高松



駅弁・森のいかめし

北海道の駅弁でこれをあげずに駅弁を語れないでしょう。
駅弁を買う方法は2つあると思います。
一つはその駅で買う。
もう一つは物産展などの駅弁フェアなどで買う。
掲載している駅弁は旅行や添乗などで行ったときに買い、外側と中身を食べる前に写真を撮るということにしています。
しかし、この森のいかめしだけは都内で買ったものだと思います。
森駅に立ち寄るのはスケジュールで組み入れることはなかなか難しいと思いますがレンタカーで函館から札幌に向かうという機会があれば森駅に寄ってみたいものです。

▼森駅のいかめし(500円・阿部商店)
駅弁



駅弁・網走駅(かにめし)

網走駅のかにめしは一度は食べておきたいおすすめの駅弁です。
パッケージは昔と変わったように思えますが味は変わらず。
味というものは今も昔も変わらぬってのが一番ですね。
話は全然違いますがいつも通っていたおいしいカレー屋が突然、味が変わっていてガッカリした、なんてことがありました。
かにめしはずいぶん昔に食べたのですが昔と同じ味。
ご飯にかにの味がしみこんだ素朴な味という感じです。
これで840円は満足の駅弁です。

▼網走駅・かにめし840円(株)モリヤ商店
駅弁



函館駅弁

函館駅の駅弁というよりは北斗星、カシオペアの車内で朝食用に販売されている駅弁です。
函館駅の駅弁会社と言えば「みかど」の青函トンネル弁当です。

▼函館駅/青函トンネル弁当(みかど・1,050円)
駅弁

駅弁
トンネルの形をしたそぼろとたまごにいかめしなど朝から食欲をそそってくれます。
函館駅で積み込みワゴン販売で車内をまわってきますが品切れもありえますのでグランシャリオ(食堂車)に買いに行ったほうがいいでしょう。
※季節により食材は変わるようです。


旭川駅弁

旭川駅の駅弁おすすめはこれ!
石狩鮭めし 1,000円
しゃけめしの上にいくらがのっています。
旭川駅にお立ち寄りの際はぜひご賞味ください。

駅弁

駅弁



小淵沢の駅弁

駅弁シリーズ第2弾です!
今日は中央線・小淵沢駅の駅弁をご紹介します。
小淵沢は小海線の発着駅でもあり、ここで駅弁を買って小海線に乗る。
清里などハイキングをしながら駅弁を食べるのもいいでしょう。
ホームで駅弁が売れ切れの場合でも駅外の売店や駅近くにある工場から取り寄せてくれる親切なお店です。

▼小淵沢駅ホームの駅弁売り場
小淵沢駅弁7
丸政の人気の駅弁が勢ぞろいです。
建物の横には「小淵沢の名物は駅弁です」という看板まであります。

▼小淵沢駅弁・やまのごはん(800円)丸政
小淵沢駅弁1
小淵沢駅弁2
竹かごに入っているおしゃれなおにぎりの駅弁。
ハイキングや登山にも最適でうめ・みそ・栗おこわの3種類のおにぎりとマスの塩焼き、つくね、きゃらぶき、大学芋、たくあんが入っています。

▼小淵沢駅弁・元気甲斐(1,300円)丸政
小淵沢駅弁3
小淵沢駅弁4
一の重と二の重の二段になっている駅弁です。
栗としめじのおこわが最高においしいです!
「元気甲斐」は小淵沢駅弁のナンバーワンだと思います。
駅弁大会などのイベントでも人気の駅弁でしょう。

▼おまけ
小淵沢駅弁8
今はやってないかもしれませんがびゅうのディスティネーションキャンペーンで元気甲斐を買うときにパンフレットを提示すると陶器の機関車のおまけがついてきました。
しょうゆさしでしょうか?

▼小淵沢駅弁・高原野菜とカツの弁当(850円)丸政
小淵沢駅弁5
小淵沢駅弁6
新鮮な八ヶ岳の高原野菜の生野菜が入っている駅弁です。
飽きのくるカツ弁当が多い中、食べやすくおいしいと思ったら鶏肉のチキンカツでした。
高原野菜もフレッシュでレタス、トマトもおいしくおすすめの駅弁です。

▼今回も番外を。 塩尻駅・和風牛肉弁当(950円)カワカミ
駅弁塩尻1
駅弁塩尻2
上りのあずさに乗ると塩尻駅の駅弁・和風牛肉弁当を車内販売で買うことができます。
ほどよい味付けの牛肉は駅弁正統派らしく冷たくなってもおいしい!
味付きのたまご、つぼ漬けでしょうか、これもおいしく日の丸弁当のご飯と一緒に食べてしまいました。
季節によってフルーツは変わっていた記憶があります。
冬はりんご、以外はオレンジだったと思います。
ワインゼリーもなかなかおいしくて、あずさに乗ったらオススメの駅弁です。