10/16寝台特急はつかり臨時運行

JUGEMテーマ:特急列車
JUGEMテーマ:旅行
10月16日(土)にはつかり(583系)が上野〜青森まで1回限りの臨時運行をするとのこと。
JR東日本への申し込みは往復はがきで9/20消印有効ということでもう間に合いませんが、こうなればあとは10/16上野駅に行って懐かしいはつかりを撮影するのみ!
 上野駅を9:10頃発ということです。
青森で撮影される方は20:40青森着。
大宮駅での撮影も魅力。
どこで撮るかですね。
はつかり




スカイツリー&一村一山&あけぼの

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JR錦糸町駅のホームから頭だけ見えるスカイツリー。
以前はどのあたりにあるのかもわかりませんでしたが見えてくると大きくなっていくのが楽しみです。
スカイツリー
▼快速・一村一山
 朝6:50頃でしたが鉄道ファンがけっこう集まっていたのにはびっくり。
 上野〜土合間を一往復するイベント列車でした。
一村一山

一村一山
▼あけぼの
今日はこのために朝早く上野に来ました。
親戚が青森からあけぼのに乗ってくるというので出迎えに行きました。
 6:57着はきついです。
びっくりしたのが多くの乗客て賑やかな寝台特急あけぼのだったことです。
レディースカーも他の号車ではファミリー、女性グループも多く見かけました。
上野から金曜日の夜に出て東北観光をするのと同じで金曜日に青森、弘前、秋田から乗車して都内やTDL観光やらして日曜日の新幹線で帰るというプランかもしれません。(想像ですが。)
おじから話によると青森からはすいていたが弘前、秋田からけっこう乗ってきたということでした。
JR東日本の秋田・青森フリーきっぷであけぼのも利用できるのでお得です。
Bソロ、新幹線こまちも利用できます。
あけぼの

あけぼの
▼ゴロンとシート
あけぼの

あけぼの

あけぼの

あけぼの



アイリスのロケ地・秋田

話題だった韓国ドラマ・アイリス(TBS系)も最終回を終えましたが次回に続くような終わり方。
兇ありそうな。
アイリスで話題になった日本のロケ地を思い出してみます。

秋田内陸縦貫鉄道、ここは思わぬ恩恵があったようです。
角館からスンヒがソンファを追いかけて乗車した2両編成の列車からはのどかな田園風景が続きます。
乗ってもよし、外から撮影するのもいいでしょう。
鷹ノ巣〜角館を結ぶ内陸鉄道でローカル線としての魅力は十分です。

ヒョンジュンがダム斜面を滑り降りた玉川ダムも東北最大級で一度は訪れてみたいところ。
ビックの追跡から逃れたあと、謎の人物と話した公衆電話。
なんてこともないのですがここも立ち寄ってみたいものです。

田沢湖のたつこ像は今まで以上に注目を浴びた場所になりました。

男鹿水族館GAO、ロケ地としてだけでなく観光としてもお勧めです。
この他、田沢湖ホテルイスキアにはイ・ビョンホンのサインなども残されていて湖畔の杜レストランORAE、乳頭温泉、角館の雲巌寺、佐藤養介漆蔵資料館、居酒屋よねしろ、民謡会館などチェックポイントはいっぱいです。
ドラマのワンシーンを思い出しながら秋田への旅は往路はあけぼので帰りはこまちで。
いかがでしょうか。

あけぼの



九州寝台特急ヘッドマーク

九州寝台特急のヘッドマークは永遠に不滅です!
過去の栄光と言われてもいい、永久欠番にしたい名前とマークなので全部そろえて会社に飾ってあります。
アキバのヨドバシカメラでだいぶ前に買ってきたものですがこのほかゆうづる、出雲、瀬戸などもあったと思います。
九州寝台特急の末期には併合運転をしていた「はやぶさ・さくら」のとってつけたようなヘッドマークもありましたがあれは除外ですね。




懐かしいゆうづる(ナハネフ22)

懐かしいゆうづるの写真が見つかったので貼り付けてみました。
モノクロ写真なのでわかりづらいですがブルーの車体に白帯、このナハネフ22の曲線美はとっても好きでした。
この白帯はいつしか銀帯になり、現在の金帯になっていきました。
あけぼのはまだ白帯、日本海は車両編成の関係で白、金帯両方あるようです。
上野〜青森間を走ったゆうづる。
青函連絡船に乗り北海道へと渡った方もいらっしゃるでしょう。
そういえば推理小説で青函連絡船の乗船名簿のことを題材としたものもあったような。





みずほ、お前までが・・・。

寝台特急みずほの名前がまたまた新幹線の名前に。
新大阪から鹿児島中央までの新幹線が「みずほ」になってたんですね。
知らなかった。(旅行社として恥ずかしいですが。)
これで東北のはやぶさ、九州のさくらに続き、寝台特急はやぶさ、さくら、みずほの復活はあり得ないと宣告されたような気持ちです。
残っているのは富士、あさかぜだけです。
思えば新幹線延長開通のたびになくなっていく寝台特急。
寝台特急北星は新幹線が盛岡まで延長された時になくなったような気がします。
仙台まで新幹線があるのにわざわざ北星を利用して盛岡まで行ったこともありました。
ゆうづる、はくつるも懐かしいです。
以前は旅行を計画する時、どうやったら寝台特急を使って行けるかと時刻表を見ながら考えたものですが今の時刻表はあっさりとしたものでサンライズ瀬戸・出雲、トワイライトエクスプレス、北斗星、カシオペアだけです。
北斗星夢空間も営業運転は行わないようですし速いだけがいいとは思いませんが時流で仕方ないのでしょうか。
今日は愚痴で申し訳ございません。



寝台特急のこだわりさくら・はやぶさ

さくら・はやぶさといえば当然寝台特急の愛称であると今でも思っています。
ところが九州新幹線がさくらを
東北新幹線がはやぶさを
うーん。どうも納得がいかない!
これって永遠にさくら・はやぶさの寝台特急が復活することがないというダメ押しのような。
 2代目・・・って襲名したりはよくあることですがまさか寝台が新幹線でその名を引き継ぐことになるとは思ってもみませんでした。
私だけでなく寝台特急ファンはいつまでも寝台特急のさくら・はやぶさでしょうね。
先日、Sさんからもこのことで怒りのメールが来ました。
もちろん私と同意見。
といってもどうにもならないことなんですがこの名前を新幹線につけてほしくなかったです。
いつしかはやぶさ・さくらは新幹線の愛称として慣れ親しんでしまうのでしょうね。
小さい時から乗っていたあさかぜ・はやぶさ・さくら・みずほ・富士
今ではすべて廃止され新幹線へ引き継がれていく。
時代の流れを感じます。
そういえば寝台特急はやぶさは東京〜西鹿児島まで行く日本一長い長距離列車でした。
 あさかぜ31



寝台特急あけぼのがおすすめ!

JUGEMテーマ:旅行
あけぼのは上野駅を21:15に出発して終着青森に9:56に到着します。
上野駅から出発する本州内最後の寝台特急になってしまいました。
北東北をめぐる旅には最適で新緑の八甲田・十和田湖、乳頭温泉、男鹿半島や白神山地、五能線乗車、不老ふ死温泉など北東北を巡る旅をバラエティ豊かに計画できます。
北東北の観光にさらに函館、大沼公園など北海道の旅もお楽しみいたくことができます。

車両には レディースカー、ゴロンとシート、B個室ソロ、A個室シングルデラックスはコネクティングルームになるので1名様から4名様までファミリーにもおすすめです。
これだけでも他の寝台特急にはない良さがあると思います。

▼上野駅13番線ホーム あけぼの
21:15発で青森に着くのもちょうどいい時刻。
金曜日、会社が終わって夕食を済ませ、あけぼのに乗車。
あわてることなくちょうどいい時間でしょう。

▼あけぼの20:59頃入線 あけぼの
20:59頃ホームに入線し発車まで約15分。
乗車前の写真撮影もじっくりとできます。

▼あけぼの あけぼの

▼あけぼの青森行き あけぼの
北斗星にはないノスタルジックな感じを受けるのははくつる、ゆうづるが廃止になり最後の青森行き特急寝台だからでしょうか。
東北新幹線青森開業イベントも多彩に繰り広げられているのであけぼのを利用してイベントを上手に活用するのもいい考えです。

▼あけぼの1号車・ゴロンとシート(レディースカー) あけぼの

▼あけぼの1号車 あけぼの
1号車ゴロンとシートはレディースカーで男性立ち入り禁止車両です。
女性の一人旅でも安心してご乗車いただけます。

▼あけぼの 1号車あけぼの

▼あけぼの ゴロンとシート
あけぼの
ゴロンとシートはその名の通り気軽に横になれる寝台ですがシーツなどいっさいの設備がありません。
そのかわり、寝台券不要で指定券のみで乗車可能なお得な車両です。

▼あけぼの 2〜4号車 開放型B寝台あけぼの
一般的なB寝台で上下向かい合わせの開放型寝台です。

▼あけぼの5・6号車B寝台1人用個室ソロ通路あけぼの


▼あけぼの5・6号車B寝台個室1人用ソロ あけぼの
5〜6号車はB寝台1人用個室ソロです。
上段・下段の個室があります。
上段個室への階段は急なので足が悪い方は下段をお勧めします。

▼あけぼの 5・6号車B寝台1人用個室ソロあけぼの
ルームセキュリティは暗証式ロックです。

▼あけぼの7号車A寝台個室シングルデラックス通路あけぼの
7号車はA寝台1人用個室シングルデラックスで上段ベッドのリフトを下げると2人用にもなります。個室は1〜11番まで11個室。 2〜3、4〜5、6〜7、8〜9、10〜11番個室の間には仕切りドアもありコネクティングルームになります。
家族4人で行くにはおすすめの個室です。

▼あけぼの7号車A寝台個室シングルデラックスあけぼの
シングルデラックスの室内には洗面もついています。

▼あけぼの8号車ゴロンとシート(喫煙) あけぼの
寝台ベッドにはシーツなどの設備はありません。

▼あけぼの あけぼの
EF64が牽引するのもあけぼのだけになってしまいました。

▼あけぼの あけぼの
21:15にあけぼのが上野駅を出発。
このあとに北陸号がありましたがダイヤ改正で北陸号は廃止になってしまいましたので上野駅から出発する特急寝台はこのあけぼのが最後です。
来年のダイヤ改正で廃止なんてことも無きにしも非ず。
今年の東北旅行はあけぼのを利用して乗車率を高めて廃止にならないように寝台特急ファンの皆さん、頑張りましょう!
撮影のこの日は残念ながらガラガラでした。



ついに北陸号まで廃止

 ついに3月のダイヤ改正で北陸号まで廃止になるのかとガッカリです。
毎年春になると寝台特急が消えていくようでダイヤ改正による便利になる案内など見る気にもなれないというのが実感です。
このところ多くお問い合わせ、ご予約をいただいている北陸号のパックツアーですが以前にこんな旅を組んで行ったことがあります。
目的地は飛騨高山、奥飛騨。
単純に名古屋まで新幹線で行き高山本線往復では面白くないと思い組んだのが下記のスケジュールです。
1日目:上野=北陸号=富山
 これは推理小説にも使われたストーリーを思い出しながら乗車しました。
2日目:富山は早朝ですが富山で降りて高山本線に乗り換えて高山まで。
 奥飛騨のホテル穂高に泊まり。
3日目:新保高ロープウェイに乗り北アルプスの眺めを満喫してすぐさま高山の朝市へ。
 午後の特急で名古屋経由で新幹線に乗り東京へ。
ツアーにはこのようなプランはなかったのでかなり割高にはなりましたが北陸号に乗ったことと高山本線に乗れたことで満足でした。

現在パックのツアーは金曜日発が満席で取れない状態ですが平日でしたら確保はまだ可能です。
なくなる前にこのようなプランで北陸号を楽しまれるのもよろしいかと思います。
画像は寝台特急をこよなく愛するSさんからいただいたものです。
まだSさんと寝台特急がなくなってしまう飲み会を開催しなくては!
お時間のある方は「北陸号なくなる飲み会」にぜひご参加ください。
たぶん秋葉原周辺になると思います。


▼北陸号
北陸号


名古屋発太平洋フェリー「きそ」

太平洋フェリーの最新フェリー「きそ」が1〜2月にかけて名古屋から出港します。
バリアフリー設備も整った最新フェリーは通常、仙台〜苫小牧間で運航されていますが法定検査でドッグ入りするため下記の日、7本が名古屋から出港となります。
ぜひこの機会に名古屋からきそで北海道へ、そして帰りは北斗星、カシオペア、トワイライトエクスプレスで優雅な旅はいかがでしょうか。

●1/17、21、25、29、2/2、6、10
 名古屋港19:00発〜3日目の11:00苫小牧港着

▼きそ
きそ
2005年に就航し毎年「フェリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している日本一のフェリーです。

▼スイートルーム
きそ

▼特等洋室
きそ

▼特等和室
きそ
そのほか1等和洋室、セミスイート、ロイヤルスイートもあります。

▼レストラン・バイキング
きそ



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座