今日の北斗星

JUGEMテーマ:寝台特急
今日の上野駅13番線は何かざわついていました。
近寄ってみるとフジテレビのロケが行われていました。
何のロケかはわかりませんでしたが北斗星に乗車するまでのロケでした。
北斗星

北斗星

北斗星

北斗星
▼EF510−501
北斗星

北斗星

北斗星

北斗星
▼上野駅駅弁・上野弁当 上野駅限定でパンダ来園記念1,000円
北斗星
▼上野駅駅弁・津軽味祭 新青森駅開業記念1,200円
北斗星
▼おみやげ やはりパンダのお菓子が発売されていました。
 上野 天使のパンダ クッキー20枚入り1,050円、ゴーフレット10枚入り630円
北斗星


今日の北斗星&EF510−508

JUGEMテーマ:寝台特急
▼今日の北斗星牽引はEF510-508でした。
いつもより撮影する人が多く、新しい機関車だから撮らなきゃって会話を小耳に。
この充実感のなさ、わくわく感のなさは何なのでしょうか。
食堂車が相変わらずだったからか、新しい発見もなかったからか。
唯一いつもと違うなと思ったのがいつもは18:53頃入線してくる北斗星が今日は18:47頃入線してきました。
早くなったのか土曜日は早いのか。 北斗星

北斗星
▼近づいてみると北斗星の車輌もかなり古くなってきています。
塗装がひび割れしているところやペイントで修復していたりでつやがなくなってきている感じです。
北斗星

北斗星

北斗星

北斗星
▼今日の食堂車はやはりカーテンが閉まったままで開くことはありませんでした。
出発間際にカーテンが開いてあいさつをしてくれると心の片隅でちょっと期待していたのですが・・・。
やらないことがわかっていてもガッカリな気持ちです。
北斗星

北斗星




今日の北斗星(EF510−508)

JUGEMテーマ:寝台特急
JUGEMテーマ:旅行
今日の北斗星牽引はEF510−508
EF81との違いを乗ってみて感じたいと思った次第です。
新幹線が開通すると今の青森駅に北斗星は止まるのでしょうか。
現在、青森駅で運転停車をしてED79に交換されている光景はたまに青森駅手前のヤードで交換ということもあるようです。
新青森駅ができると北斗星も青森駅へは行かずに新青森駅停車?
段々、青函連絡船の青森駅という印象は消えていくようで寂しいです。
今日は率直に感じたことを書いてみます。
北斗星
▼青森寄りが1号車、上野駅改札口寄りが11号車になります。
北斗星
▼8号車はA個室ツインデラックス
 上段寝台の小窓から外の風景を眺めるのも好きです。
北斗星
▼7号車食堂車は今日も出発までカーテンが閉まったまま。
 ホームからの見送りをまったく無視しているようで残念な光景です。
 寝台特急 食堂車 ホーム 一礼 というキーワードで検索すると私と同じような感情を持っている方がいました。
 ホームに向かって一礼は寝台特急の特別なステージと書いている人もいて共感。
 同じように感じていることが嬉しかったです。
 トワイライトエクスプレスはちゃんと一礼を実施していてさすがです。
 どこに投書すれば昔のように夢を与えてくれる食堂車に戻ってくれるのでしょうか。
北斗星
▼明日の11:15には札幌に着いているのですね。
 乗車して最初の車内放送を聞くのが好きです。
 携帯のメール着信音は寝台特急車内アナウンスのチャイムにしています。
北斗星




今日の北斗星&臨時寝台「越後」

今日の上野駅は土曜日のせいか普段とはまったく違う光景でした。
いつもなら18:33の通勤電車が出るまであわただしいホームですが土曜日は午後から13番線ホームを使う列車は北斗星が最初。
のんびりとしたホームに北斗星に乗車すると思われる旅行者がチラホラ。
さらになんかいつもより撮影待機をしている鉄道ファンが多いと思っていたところその理由がわかりました。
北斗星が入線してしばらくすると隣のホームになんと、臨時の寝台「越後」が入線してきました。
北斗星を撮影していた人も最初から14番線ホームにいた人もすべて越後が目的だったようです。
そういえば「鉄道ダイヤ情報」に臨時運行表が出ていることを思い出しました。
今日の北斗星は主役の座を越後に奪われてしまったようでしたがEF510は人気の的で車体をバックに記念撮影されている方々は多かったです。
▼13番線ホーム・乗車場所表示

▼EF510−504



▼グランシャリオ(食堂車)
 食堂車は入線から出発までカーテンが閉まったまま。
 JRに苦言!出発するときはスタッフがホームに向かって一礼。
 いくら出発準備で忙しくてもホームにいる人もいつか北斗星に乗りたいなと見ている人です。
 一礼されるとほかの列車との格の違い、憧れを抱き、ホームから見ていても気持ちのいいものです。
 九州寝台特急の伝統を受け継いて復活してもらいたいですね。
 前はちゃんとやっていたのに、こういうことってとても大事だと思います。

▼臨時・寝台「越後」

▼回送でホームを出て去っていくまでファンでホームはいっぱいでした。





▼上野駅・駅弁屋
寝台特急に駅弁はとっても似合います。
 食堂車もいいですが駅弁も!と欲張っていいと思います。
 ついでにパブタイムもです。

▼新商品の大人の休日懐石弁当2,000円、幸福べんとう1,300円、北海味メッセ1,500円がおすすめのようです。




B寝台の旅情

北斗星B寝台は一般的な寝台で上下向かい合わせ。
子供の頃はこの梯子を登って上段寝台にいることが楽しかった思い出があります。
4名様であればB寝台もなかなかいいものだと思います。
もちろん個室もおすすめですが今日はB寝台の色々を書いてみます。
寝るまでは下段の寝台に4人で向かい合わせで座り駅弁を食べたり、飲んだり。
疲れたり、飲みすぎたら上段で横になればいい。
混雑した通勤電車て立ったまま帰ることと比べたら至福のひとときです。
人の往来もあるので気になると思いますがそれが逆に旅情を誘うこともあります。
通路の折りたたみ椅子に座り駅弁を食べたり、ビールを飲んだり、深夜にふと外を見ていたり、朝の景色を見ていたり。
そんな光景をよく見かけます。
朝になり顔を洗いに洗面所に行くと見ず知らずの人と「おはようございます」なんてあいさつを交わしていたこともありました。
それでも個室がいいという方には1号車のB寝台コンパートがいいでしょう。
4名1ブロックで確保すれば個室なるキーを車掌がくれます。
これなら個室もB寝台の雰囲気も両方味わえるということになります。
子供の頃に寝台特急に乗せてもらったという思い出は大人になっても強烈なインパクトとして心に残っていると思います。
B寝台の梯子を登ったり降りたり。
寝台特急が次々に廃止になってしまう昨今、また来年の3月が怖いです。
次はあけぼのがターゲットになるのか・・・・・。

▼北斗星B寝台通路 B寝台通路 北斗星B寝台 B寝台 1ブロックBコンパート1
▼1号車B寝台コンパート Bコンパート
▼あさかぜB寝台通路の折りたたみ椅子で駅弁を食べる乗客。

▼深夜、眠れないのか目が覚めてしまったのか、物思いにふけているような。

▼夜明けのB寝台通路。皆、何を思っているのでしょう。 見慣れた故郷の風景なのか。
あさかぜ17



今日の北斗星&EF510

久しぶりに上野駅に行ってきました。
話には聞いていた最新型EF510 初めて見ました。
北斗星カラーとして見慣れていた☆ミ マークの赤いEF81と比べると技術の最先端、スピート感あふれる機関車という第一印象でした。
でも九州寝台特急の牽引車がEF65からEF66という高速機関車に切り換えた時に感じたものと同じような違和感が湧いてきました。
日々進歩する技術、高速化。寝台特急にも必要なのでしょうが私だけの感情で言わせてもらうと寝台はノスタルジックのままでいいと思ってしまいます。
EF510の警笛がどんな音なのかまだ聞いたことがありませんが私はEF81の「ピーーーー」という警笛が好きです。
車内であの警笛を聞いていると旅情を掻き立てられます。
しかしながらEF510の写真映りは抜群ですね。
塗装もきれいでデザインもおしゃれ。ヘッドマークもきれいです。
これからは北へ向かう寝台特急の顔になっていくのでしょう。
 


















1/20の北斗星

JUGEMテーマ:旅行
▼北斗星入線
 1/20の北斗星です。
 以前は練馬区に当社はありましたが秋葉原に来てからは地下鉄銀座線末広町駅から2駅で上野駅というのはすごく便利になりました。
 そういえば北陸号がなくなってしまうまでに撮影に行っておかないと!
 これからの時期、北海道は流氷、摩周湖の霧氷、釧路の丹頂鶴の観光、撮影旅行にいいでしょう。
  北斗星
▼北斗星入線
 車内搬入が終わればすぐに乗車できます。
 搬入に負けないくらい乗車の皆さんも飲食の搬入が多いようです。
 冬の服装も白い北海道へ行くんだなあと感じていました。
 北斗星
▼北斗星
 そういえばMさんの奥様は入線前に上の階に行き撮影を済ませてからホームに来ていたのを思い出してしまいました。
 北斗星
▼北斗星
 北斗星
▼北斗星
 北斗星
▼北斗星
 いつも同じような写真になってしまいますがその日その日の北斗星ということで記録しています。
 いつの日か北斗星もなくなってしまうのではないかと心配です。
 新幹線青森開通くらいでは廃止にはならないと思いますが札幌まで開通してしまうと北斗星も危険でしょうね。
 北斗星
▼北斗星エンブレム
 懐かしい北斗星1号のエンブレムがついています。
 NゲージでJR北海道仕様、JR東日本仕様で両方揃えて1号、3号両方ともフル編成で走らせていた頃もありました。
 最近出して走らせる時間もありませんが8畳いっぱいに寝台特急すべてを走らせていたこともあります。
 もちろんあさかぜやさくら、みずほ、はやぶさ、富士もです。
 北斗星
▼北斗星ロビーカー
 北斗星ロビーカーは半分がロビーカーで半分がB個室ソロになっています。
 電話ボックスの後ろにはシャワールームがあります。
 北斗星
▼北斗星ロビーカー
 この日はグループの方はほとんど見かけなかったからでしょうか出発前に宴会の用意をされている方たちを見かけることはありませんでした。
 北斗星
▼北斗星ロビーカー併設シャワールーム
 シャワーは予約制になります。
 ご乗車後、グランシャリオでシャワー利用のカードをご購入と時間を予約してください。
 北斗星
▼北斗星ロビーカー・Bソロ
 ロビーカーの半分はB個室ソロです。
 北斗星
▼北斗星EF81

北斗星 

▼北斗星1号車からの眺め
 
北斗星 

▼北斗星・札幌
 
北斗星 

▼北斗星
 
北斗星 ▼北斗星グランシャリオ
 グランシャリオでは出発前から準備に追われているようでした。
 
北斗星 

▼北斗星グランシャリオ
 よく質問をいただきますが朝食は予約なしで食べることができますが朝食がご用意できましたの車内放送があってからグランシャリオに行くと1回目のお客様で満席になるとしばらくは通路で待っていなくてはなりません。
 車内放送前にグランシャリオ前まで行っておくことをおすすめいたします。
 ただし、北斗星は札幌着11:15と遅いため朝食は苫小牧あたりまで取ることができたと思います。
 急がない方は2回目くらいに時間をあわせて行かれてもいいでしょう。
 噴火湾、太平洋を見ながらの朝食はあさかぜの瀬戸内海を見ながらの朝食にも負けない景色です。

北斗星 

▼北斗星グランシャリオ
 車内販売グッズもグランシャリオにあります。
 おすすめは星のチョコサンド(クッキー)でおみやげにも最適です。
 北斗星に乗車した方でないと買えない一品ですから。
 
北斗星 

▼北斗星出発
 ただ一つ残念であったことがあります。
 グランシャリオのスタッフは出発前から準備に追われていて伝統とホームに向かって一礼がないまま出発していきました。
 背を向けたまま作業している姿を見ているのはちょっと残念でなりません。
 スタッフが一列になりホームに向かって一礼しながら発車していく寝台特急を見るのはホームにいる見送りの人たちにも感動を与えるものであると思っていたので伝統はぜひ守ってもらいたいものです。
 
北斗星 


今日の北斗星

今日の北斗星12月24日

冬休みということもありご家族での乗車が目立つ北斗星でした。
久し振りに上野駅に行きましたが寝台特急が出発するまでの雰囲気はいいものです。
13番線の通勤電車が出て行くとそれまで慌しかった雰囲気は一変して北海道へ行く寝台列車のホームという感じになります。
北斗星がホームを滑り出し食堂車クルーのホームに向かっての一礼はいつみてもいいものです。

北斗星

北斗星

北斗星

北斗星

北斗星

北斗星



北斗星の正しい乗り方!

楽天ブログからこちらのほうへ徐々に移行するため以前、楽天のほうに書いたものを掲載します。

たまたま昨日テレビでやっていた。(2006年7/1放送分)
どんなことが正しい乗り方なのか興味がありチャンネルをそのままにし
みていましたがどうなんでしょうね。

北斗星1号車

正しいお寿司の食べた方とか正しい蕎麦の食べ方などもよく耳にしますが
個人の楽しみ方であり人それぞれだなと思ってしまいます。
鉄道ファンの方にはこれはすごいことですよといっても、ただ北斗星に乗りたい方にとっては正しいかどうかは疑問ですが。

でも一番最初の話題は納得。
”北斗星が入線してくるのをホームでお出迎えしましょう!”
(ちょっとタイトルは違ったと思いますがこんなニュアンスでした。)
これから乗る寝台特急が入線してくるのを見ているのはいいものです。
カシオペアだと16:20発ですがホームへ入線は15:35頃で出発までの45分は写真を撮ったり出発までの期待感倍増タイム!
入線してほどなく自分の個室に入ることもできます。
時間に余裕があればなるべく早くホームにいかれるといいでしょう。
さらに、時間に余裕があれば先頭車両のほうまでいってみましょう!
ちなみにこれだけ長く入線しているのはカシオペアだけで北斗星号は出発の10分前くらいに入線のためあまり時間はありません。
今は団体運行ばかりの夢空間ですが13番線ホームに入線してくる様はまるでスターって感じできらびやかでした。(夢空間は廃止になるようですが。)
余談ですが番組でやっていたカシオペア傘を持っていると乗った証という品!
私も持っているのでやはりマニアックなのかと思ってしまいました。
今は車内でカシオペア傘は販売していないのが残念です。
あの時2本買っておけばよかった!

北斗星



北斗星かカシオペアか

北斗星かカシオペアか迷われてしまう方もいらっしゃるようですがいくつかポイントあげてみます。
○一人旅
 一人旅なら北斗星でしょう。
 カシオペアで1人は個室料金1室分となり割高なこともありますがカシオペアは全個室。グループであっても集まる場所は12号車のラウンジカーくらいしかありません。
 北斗星は個室があったり開放B寝台があったりで通路もわりと賑やか。
 通路の折りたたみ椅子に座っている方がいたりB寝台開放でグループが賑やかに飲み会を開いていたりゲームをやっていたりと寝台特急の旅らしさ満載です。
 北斗星でも個室がいいという方にはB個室ソロ、A個室ロイヤルで一人でゆったりされるのもいいでしょう。
○出発時間と到着時間
 カシオペア上野発16:20、北斗星は19:03と会社が終わってからでも乗ることができる北斗星は利用しやすい。
 札幌到着はカシオペアが9:32、北斗星が11:15
 到着した日に旭山動物園に行くならばカシオペアでしょう。
 到着日は札幌でゆっくりする予定であれば北斗星。
 午前中のんびりと寝台特急で過ごせるのも魅力的です。
 復路はカシオペア札幌発16;12、北斗星17:12。上野到着はカシオペアが9:25、北斗星が9:38とあまり変わらないです。
○カシオペアツインと北斗星A個室ツインデラックス・ロイヤル
 カシオペアツインにはトイレ、洗面がついていますが北斗星ツインデラックスにはその両方ともついていません。
 北斗星ロイヤルになるとカシオペアツインより格が上という感じです。
 トイレ、洗面の他にシャワーブースもありルームサービスのドリンクセットがお部屋に届きます。
 ただし北斗星ロイヤルは4室しかないので簡単に取れるとは言い切れません。
 カシオペアツインのほうが部屋数も多いので少しは取りやすくなります。
 カシオペアの室内設備でナビがあり今どこを走っているか見ることができるのはいいですね。
○乗ってみたい寝台特急
 北斗星のほうが寝台特急としての魅力はありますが乗って見たい寝台特急となると一度はカシオペアに乗ってみたいという方が多いようです。

結論はどっちか先に乗って次に乗らなかったほうの寝台特急に乗ることにします。
という方がほとんどです。
前にも書きましたが寝台特急の四季折々を楽しんでいただきたいと思います。
トワイライトエクスプレスで四季折々の料理を楽しむために乗られるというお客様もいらっしゃいます。
その方は11月に秋のメニューをお召し上がりいただくので冬のメニューを楽しむために12月にまた乗られることと思います。

▼北斗星
北斗星

▼カシオペア
カシオペア



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座